HOME > 大和屋の文化 > 能舞台

能舞台

南地大和屋の「能舞台」

大和屋の能舞台は、昭和40年の南地大和屋新改築時に設けられた。

開店披露を兼ねた能舞台披きでは、NHKアナウンサー宮田輝氏が司会、芸術院会員で梅若流宗家・梅若六郎氏が能「猩猩(しょうじょう)」を舞い、十一世市川団十郎氏が舞踊、萩江節「八嶋」を舞い、地方を古典萩江節宗家・萩江露友(前田青邨画伯夫人)がつとめるなど、豪華な顔ぶれが揃って祝宴が催された。

大和屋の能舞台
能舞台で行われる始業式

大和屋の新年の重要な行事であった始業式は、十日戎の終わった1月14日前後に能舞台で行われた。

当日は今宮戎神社から祭神を迎え、宮司が始業式の祭儀を執り行った。

儀式が終わると、能舞台では宮中の新年の歌会始めの御題から作られた舞が若手芸妓衆によって披露され、古参の芸妓から選ばれた者による舞い初めへと続いた。

芸妓衆による舞

画像の出典 : 柴田書店 『大和屋歳時』 より